『武刃街 BUJINGAI』TAITO NET SHOPPING 頭頁TOP情報INFO遊戯GAME読物TEXT配信DOWNLOAD輪頁LINK

. .
サブメニュー
会見対談
報告記事
サブメニュー
.
. レッド×タイトー プロデューサー対談

『武刃街 BUJINGAI』は、レッド・エンタテインメントとタイトーのコラボレーション作品ということで、両社のプロデューサーにお話を伺いました。

プロデューサー対談

■メールアプローチの真相

─── 『武刃街 BUJINGAI』で一緒に仕事をする前に持っていたお互いの会社の印象は?

神村
レッドさんっていうと、どうしても広井さん(レッド・エンタテインメント会長)のイメージが凄く強いんですよ。一番最初にレッドさんを知ったのが『天外魔境』で、あの頃から当然広井さんの名前も知っていました。その頃は社名がレッド・カンパニーなんで、名前のイメージから「普通の会社と違うのかな」っていう印象が(笑)。
とにかく『天外魔境』が凄く好きだったので、私の心に残るゲームを作った会社として、凄く美化されて頭の中にはインプットされてます。『天外魔境』やってた頃は学生でしたが、その頃から「楽しいゲームを作ってくる会社だな」というイメージでしたね。
奥村
タイトーさんって言ったら、我々の世代にとっては一世を風靡した、あの『スペースインベーダー』を出された名門中の名門じゃないですか。一方、レッドは何でもありが信条のゲリラ部隊。広井も発表会等で言ってますが、レッドがタイトーさんとお仕事する事になるとは、本当に想像だにしていませんでした。
神村
ボクもしてなかったです(笑)。
奥村
とにかくあの頃はゲームって言ったら『インベーダー』でしたからね。(タイトーさんは)一番の老舗さんであり、ゲーム業界っていうものを作ってらっしゃった。企業さんの中でも一番きちんとしてらっしゃるところ。レッドから一番遠いところにいらっしゃる人達だと思ってました(笑)。


─── 最初タイトーさんからレッドさんへアプローチしたのは神村さんがレッドさんのWEBサイトからメールを送られたと伺っているんですが、その話を詳しく教えてください。

神村
『武刃街 BUJINGAI』というゲームのアイデアが青木の方から上がってきて、ボク的にその内容がヒットしてたんですよ。ただ、ゲームはやって面白いのは当然なんですけど、それだけでは何かが足りないという感覚がしたんです。今まではゲームの制作というのを基本的に社内で全部してきたんですけど、この辺で一発タイトーらしくないゲームを作りたかったという事で、一つの選択肢として他の会社と組んで作ってみると、望んでるものができるかどうかわかんないけど、今までのタイトーのカラーとはまた違ったものができるんじゃないかなというのがありました。それで青木の方に「レッドさん、どうなのかねえ?」と話したところ「良いかもしれない」ということでした。
そこで、どうやってコンタクト取るのかと調べたんですよ(笑)。知り合いもいないし、WEBサイトくらいしか調べられなかったんです。大抵の会社は(WEBに)会社概要に現住所や連絡先が書いてあるだろうと思ったんですが、(レッドさんの所には)全く(記載が)ないんですね(笑)。
奥村
なかったですね(笑)。
神村
「なんでもおたより」的なメールアドレスしかなかったんで「これしかもうコンタクトの方法がない」と思って、思い切ってやっちゃいました(笑)。
奥村
あそこは基本的にお客様の相談窓口なんです(笑)。だから、作品について関係がある時だけ、各プロデューサーにHP担当が質問に来る。その担当者がある時変な顔してたんで「どうしたの」って訊いたら「タイトーさんからメールが来てるんだけど」という話になって。「え?タイトーさん?冗談だろ。イタズラじゃない?」と言っちゃったんですが、文面がきちんとしてるし万が一って事もあるから、一応連絡してみようかっていう話になったんです。その後、レッドまでご足労いただいた神村さんを見たら、持っているカバンにバッヂが付いてて(笑)。
神村
サイキックフォースですね。
奥村
(それを見て)「あ、ホンモノだーっ!」って思って(笑)。その後名刺交換させていただいて「本当にタイトーさんだ。一体、何事ですか?」みたいな話になったんです。でも、あれは出会いとしては面白かったですね。
神村
そうですね。しかも、待ち合わせが下の喫茶店で(笑)。(※1)
奥村
そうそう。会議室がたまたまいっぱいで、コーヒーを飲みながらのお見合いみたいになっちゃって。その時、神村さんから話を聞かせていただいて「面白そうなので、プロジェクトとして立ち上げたいと思います」と返事をしました。それから海老名(※2)にお邪魔したり、ウチの広井と西垣社長の顔合わせ等があって、あれよあれよという間でしたね、お会いしてからは。


─── そして『武刃街 BUJINGAI』というプロジェクトがスタートしたんですね?

奥村 圭作氏
奥村 圭作
レッド・エンタテインメント プロデュース本部プロデュース部所属
広井王子の鞄持ちを経て、「サクラ大戦」(セガ・サターン)で初めてゲームに関わる。
以後、ゲームや映像、ショウなど含めた「サクラ大戦」シリーズを担当。
「サクラ大戦」の現場では、「奥村越後屋」としても知られている。
奥村
まず、本当にこの結婚は上手くいくのか、タイトーさんはレッドに何を望んでらっしゃって、レッドはタイトーさんに対して何ができるのかとか、っていうところから始まりましたね。
神村
そうでしたね。
奥村
タイトーさんの方にアクションゲームを作りたい、モチーフとしては香港アクション映画みたいな雰囲気が欲しい、というビジョンがハッキリあった。それならば、レッドとしては脚本であり、キャラクターであり、世界観でありというコンテンツを作るという役割分担ができるんじゃないか、というかたちで始めましたね。
神村
そうそう、確かそうでした。
奥村
それでね、最初の顔合わせの時に(ディレクターの)青木さんがいらっしゃって、(脚本家の)黒田さんがいらっしゃって「あんな事やったら面白い」とか「こんな事があったら面白い」みたいな話になりまして、「じゃ、とりあえず合宿しようか」という話になったような気がするんですよね(笑)。その一方で、ボクと神村さんはプロデューサーサイドで「ビジネスとしてはどう組むの?」みたいな話をしていました。


─── この合宿の話は他のインタビューでも聞くのですが、お二人も参加されたのですか?

神村
確かボクは…行ってないですね。
奥村
神村さんは結局来れなかったんですよね。
神村
うん。だからそれは、青木を始め、企画担当やキャラクター担当が。要はゲームの中身を決めるという事なので、そういった人材を中心にやったと思います。
奥村
ウチはボクと進藤(ディレクター)と、アシスタント。それから黒田さんにも参加していただきました。武侠モノのビデオやらゲームを大量に持ち込んで(笑)、一晩中今度の新しいゲームに関する夢ばかり話してましたもんね。あれは面白かったなあ。
レッドでは、広井王子以来の伝統として、新しい企画のスタート時に必ず温泉合宿をやるんです。『天外魔境』然り、『サクラ大戦』然り。アニメやゲーム等、他の作品に関しても必ず合宿をやります。「気心知ってからじゃないと、はっちゃけらんないよ」みたいなトコがありますから。飯食ったり、馬鹿話したり、温泉に一緒に入ったりして信頼関係を築くんです。そして「こんな事したら面白い」「あんな事したら面白い」という事をどんどん広げていきました。
技術的検証もなしに、あの合宿で出たほぼ全てのアイデアが『武刃街 BUJINGAI』というゲームが完成した時にきちんと骨子になっている。タイトーさんのそういうところが凄いなあと思っています。
神村
そうですね。
奥村
剣戟カウンターとかサプライズスタートとか、JUST武侠のアイデアもその頃から出てましたし。それを形にまとめたタイトーさんの技術力と真面目さには、本当にシャッポを脱ぎます。
そうそう、その合宿時に思った事がもう一つありました。途中で飯の時間に、黒田さんとボクが「よし、ビール飲もう!!」って言ったら「え?まだ打ち合わせ中ですよ。お酒は後にしましょう(キッパリ)」って言われて(笑)。

 ※1…レッド・エンタテインメント社のあるビルの一階には喫茶店の某有名チェーンがある。
 ※2…タイトー海老名開発センターの事。ゲームの開発は全てここで行われている。

ページ先頭へ

line

■Gacktさん秘話

─── このゲームでGacktさんがモデルとして起用された経緯を教えていただけますか。

奥村
仕掛け人は、神村さんです(笑)。
神村
ある日、ボクがポソリと言いましたね。
レッドさんと組んでいるって事で、キャラクターとか世界観の構築というのはできたんですけど、ボク的にまだもう一押ししたかったんですね。もっと(製品として)昇華させたいというのがあって。
単純にタレントを起用するというのは他メーカーさんでも既にやってますから、アピール度とかフックにはあんまりならないなっていう感じを受けてたんです。そこで今回はアーティストさんを起用したわけですけど、そういう部分での差別化ももちろんですが、何よりもゲームの劉という主人公にピッタリくるイメージの人というので、一番イメージにピッタリだったのがGacktさんだったんですね。
奥村
そんな事とは露知らず(笑)、キャラクターについては(キャラクター原案の)川元さん、青木さんらと試行錯誤を続けていました。ところがある日、神村さんから「実は、アーティストのGacktさんにこの件を相談してみたら(先方が)乗り気なんですけど」という話を突然告白されて(笑)、「ええ〜!?」みたいな話になりました。「ちょっと待ってちょっと待って、それはどういう事!?」って(笑)。あれは結構劇的でしたよね。
川元さんにもその話をしたらかなりビックリされてましたから(笑)。
神村
すいません。ボク、突然そういうふうに言っちゃうんで(笑)。閃いちゃうんですね。
奥村
劉が生まれるまではいろんな事件がありましたが、非常にプラスのエネルギーが集まったと思ってるんですよね。例えば、普通にタレントさんを起用する場合「お仕事だから名前だけは貸すよ」っていう方ももちろんいらっしゃる。ところがGacktさんの場合は、こっちが驚くくらい積極的だった。


神村 武氏
神村 武
株式会社タイトー CP事業本部CP開発部長
入社して間もなくアーケードゲームの名作『ハットトリックヒーロー』の企画、ディレクションを担当。
その後『サイキックフォース』『ガラクタ名作劇場ラクガキ王国』『エナジーエアフォース』等をプロデュースする。
神村
そうですね。Gacktさん自身がやっぱりクリエイティブな方なので、ただ単に顔出しだけというのではなく、いろんな意見とかを本当に言ってくれる方だったんです。テレビで見るイメージとは全然違ってました。
奥村
CMの収録時もすごかった。ボクは収録時に現場にいたんですけど、撮影スタッフとかアクション指導監督とかも、みんなGacktさんの熱意に驚いてました。
通常の収録の場合、スケジュールの制限があるので事務所さんからは「2、3時間で収めてください」とかの要望があって当たり前なんです。でも、Gacktさんは違った。格好良いワイヤーアクションを撮るために、収録の前日、丸一日かけてリハーサルしてくれたんですよ。
その上で、翌日に本収録。あれだけ忙しい人が、30秒のCMのために丸二日スケジュールを空けてくれた。通常、有り得ないですよ。で、本収録では、ワイヤーでGacktさんを吊って4人くらいでガーッと引っ張る。映画並の本格的ワイヤーアクションですよ。それを凄くいっぱい撮りましたね。朝10時から収録がスタートして完全に終了したのが翌日の午前3時半でしたから。


神村
じゃ、本当に丸一日中やってたんですね。
奥村
ええ。スタッフ的にはOKカットでも、Gacktさんの方が「ちょっと今の着地が納得いかなかったから、もう一回やらせてほしい」って言って、何度も何度も繰り返してましたからね。
でも全部(のOKカットを)使ってCMを編集したかというと、そうでもないんですよね。オンエアでは結局ワイヤーアクションを使ってるシーンが3シーンくらいだったかな。
神村
はい、ええ。
奥村
というのは結局、編集までGacktさん本人が立ち会ってくださって。「ゲームが凄く激しくて格好良いから、ボクのアクションのところは少しスロー目にして、緩急を付けた方が良い」っておっしゃったので「じゃあ、そうしましょう」って。「いっぱい撮ったのに勿体無いですね」とか言いながら(笑)。
神村
(笑)。
奥村
あんなに熱い人だと思わなかった。印象がずいぶん変わりましたね。
インタビュー記事なので知ってましたが、(現場に)入ってきた時に本当に全員のスタッフと握手して周る(笑)。「よろしく」って。
神村
(Gacktさんの場合)挨拶は握手ですからね。
奥村
それで、一生懸命やろうという熱意が伝わってくるし、男として格好良いと思いましたね。ボク、ぶっちゃけGacktファンになりました(笑)。
神村
開発スタッフでも、大分好印象を持ったのは絶対間違いないと思いますよ。


─── Gacktさんは凄く協力的だったんですね。

神村
そうですね。
奥村
協力的というか、本当に自分の中でも(『武刃街 BUJINGAI』を)ご自分の作品だと思ってくださってたと思うし。
熱いですよ。『武刃街 BUJINGAI』に関わってる人間はみんな「熱いなー」と思うんですけどね(笑)。
神村
偶然かもしれないですけど、そういう人間が本当に集合して作れたなっていう気がしますね。


ページ先頭へ

line

■名付け親は広井王子氏

─── 『武刃街 BUJINGAI』というタイトルはどうやって決まったんですか。

奥村
紆余曲折がありましたね。
神村
ありましたね!
奥村
ずっと(開発用の)コードネームで呼んでたんですけど「そろそろタイトル決めないとマズいよね」という事で「タイトルだけはやっぱり命の一つなんで、これは広井王子に決めてもらおうと思う。神村さん良いですか?」という話をしたら、神村さんには「むしろお願いします」と言っていただけたので、広井のところへ(相談しに)行きました。
「広井さん、タイトーさんとのゲームなんですけど、広井さんに名付け親になっていただきたいんですが」と言って資料全部ボーンと渡したら、「わかった。」と答えて白い紙をバーッとその場に広げて、マジックペンを持っていくつかダーっと書いて、何点か書いた上で「これ!」って言って出てきたのが『武刃街 BUJINGAI』でしたね。
早速神村さんに持っていったら「BもGもJも入ってて凄く良いんじゃないですか」って(笑)。
神村
(他にも)いくつか案があったんですよ。ボク一人ではなくディレクターの青木にも見せて「どうなんだろう?」と話したんですけど、やっぱりその中で一番光ってたのが『武刃街 BUJINGAI』だったんですね。今まで似たタイトルは無いですし、ロゴとして想像すると結構今までにないようなものができるんじゃないかな、と思ったのでそれにしましたね。


ページ先頭へ

line

■これがスタート地点

─── 完成したゲームを見てどうでしたか?

神村
初めての作品としては良いと思ってます。でも、まだまだですね。仮に続編を作るとしたら、もっと凄いものを作らないと。作らなくちゃいけないんですけど(笑)。
奥村
新しく始まったプロジェクトというのは、そういう宿命背負いますよね。お客様は次々と「もっと凄いものを」って思いますから。でも少なくとも、初めてプレイした方がビックリする作品になってると思います。
神村
だから、そういう意味でも『武刃街 BUJINGAI』は、本当にスタート地点の作品という位置付けとしてボクは捉えてます。
奥村
曙ですね。本当に。ここから色々な事が切り開けて行けたらと思いますね。
神村
ええ。まあ、これからだと思いますね。
奥村
今は「新大陸」を発見した気持ちですかね?(笑)。「ここから、新しい世界を切り開くぞー!」みたいな。
神村
そういう感じですね(笑)。
奥村
『武刃街 BUJINGAI』は関わってくださってるキャストさん、スタッフさん、皆さんに本当に良いパワーをいただけたと思います。今度はここにお客様のパワーを頂戴したいと思っているんです。


─── また、タイトー×レッドのコラボ作品があったりするのでしょうか?

奥村
ウチとしてはもちろん。これは、スタート地点に過ぎないと思う。
神村
そうですね。是非やりたいですよね。
奥村
まあ、わかりやすいところで言うと、『武刃街2』(笑)。
神村
それ、直球ですね。あまりにも(笑)。


─── お二人の気持ち的には『2』は?

奥村
早く出したい(笑)。
神村
もちろん。やりたいと思ってます。
奥村
レッドというのは企画会社であり、同時に作品の原作を預かっている会社です。
その原作を形にするために、技術を持ったゲームメーカーさんだったり、アニメスタジオさんだったりと、一緒にコラボレーションをさせていただく。そして、いろんな側面からその作品を十分に広めていくというのが持ち味だと思ってます。この『武刃街 BUJINGAI』もそうやって広げていきたい。そしてそれを上手く『武刃街2』にきちんと繋げていきたいと思っています。
神村
そうですね。
奥村
今、『武刃街 BUJINGAI』は、Gacktさんファンだったり黒田さんファンだったり、もちろん川元さん、あるいはタイトー、レッドファンっていろんな人が注目してくれてると思う。そして、実際にゲームを触った瞬間に、今度はアクションゲームとしての『武刃街 BUJINGAI』ファンっていう味方が生まれてくると思ってるんです。
その人達みんなの期待を良い意味で裏切り続ける、越えていける形で『武刃街 BUJINGAI』世界を広めていけたらが面白いだろうなと思ってます。
神村
実際ゲームファン層にもかなり満足していただける内容になってます。それは、実際発売して手に取ってみていただければわかると思います。
奥村
ゲーム関連のBBSに「タレントもんでしょ〜?」みたいな斜に構えた書き込みをしていた人が、「面白れ〜〜〜!!!」って手のひらを返したような書き込みをしてくれるのを楽しみにしています(笑)。


─── 最後にユーザーの方へ一言お願いします。

神村
今回レッドさんと組んでGacktさん主演という、タイトーらしくないゲームにしましたけど、そういう部分だけ目立ったゲームというふうに捉えがちかとは思うんですが、いわゆるゲームの中身の部分に関してもキャスティングとかコラボレート以上の充実度と面白さになってますから、是非そこを万人の皆さんに楽しんでいただきたいですね。それで、文句あるんだったら全然言ってもらって構いません。とにかく、遊んだ後にそれを言って欲しいですね。
奥村
そうですね、まずは触って欲しい。今回、タイトーさんとのお付き合いも初めてだし、武侠アクションゲームというのも初めて、ボクら的には初めての事ずくしでした。でも、そんなチャレンジの果てに、ゲームとしては物凄くしっかりしたものにタイトーさんにしていただけた。だから、僕らは横の広がりという「新しい扉」を次々に開いていきたい。その「扉」を開くために、いろんな方のパワーをいただきたい。だから沢山の人に、まず触って欲しい。
最初のきっかけはなんでも良いんですよ。Gacktさんが好きでも良いし、タイトーさんのファンでも良い。山寺さんや坂本さんというキャストさんが好きでも構わない。黒田さんや川元さんのようなクリエイターの方々のファンもいらっしゃるでしょう。『武刃街 BUJINGAI』は、本当にいろんなファクターがありますから、どこから入っていただいてもOK。そして『武刃街 BUJINGAI』っていう世界を、まずは味わって欲しい。そこで感じた何かが、また新しい「扉」を開くパワーになっていく。そういったお客様のパワーを頂戴して、もっともっと面白い『武刃街 BUJINGAI』の世界を広げていきたいと思います。
応援、よろしくお願いします!!


─── ありがとうございました。

ページ先頭へ

.
. .

TAITO sign RED ENTERTAINMENT

武刃街 BUJINGAI公式サイト利用規約 (C)TAITO CORP.2003 (C)RED 2003